自費出版を成功させるための情報を提供するサイト
>お気に入りに追加
このページの情報は
2006年11月13日3時2分
時点のものです。

出版で夢を叶えませんか!? あなたの知識や経験を本にしてみませんか!?
出版することであなたが今おかれている立場はまったく変わってきます。本の少し努力すれば誰でも出版できます。
ミステリーの書き方

ミステリーの書き方
価格:¥ 650
納期:通常24時間以内に発送

人気ランキング : 2881位
定価 : ¥ 650
販売元 : 講談社
発売日 : 1998-07

作家の数だけ手法もある

筆者が出したアンケートに対する多くの作家たちの答えと、
数人の作家が書く「私はこうしている」が紹介されています。
驚いたのは、金魚からミステリーを生み出す手法で、思わず
「あぁ、そうやるのか?」と唸ってしまいました。
ピンとこない話は少なく、必ず何か得られます。
それでこの値段ですから、買って損はありません。
お勧めします。

ミステリ創作のヒント満載

 ミステリの書き方の本としては、キーティングのものが有名ですが、こちらは大勢のアメリカのミステリ作家による創作の方法や秘訣がたくさん書かれています。
 そのため、キーティングのに比べると一貫性に欠けるところはありますが、様々な観点から多数の方法が掲載されていますので、そのなかで自分に合うものを選んで実行するとよさそうです。
 発想の仕方やプロットの組み立て方、人物造形の仕方など、作家によってやり方がまちまちですが、役に立つヒントが満載されています。

数百人のミステリー作家のノウハウ

 本書はアメリカ探偵作家クラブ(MWA)のメンバー数百人の会員全員に6項目のアンケートを送付して代表的な回答を選んだ6つの章を骨格としている。その章は、「なぜ書くのか」「アイデアの見つけ方」「いつ、どんなふうにして書くか」「ステレオタイプを避けよ」「つまずきの処理法」「ミステリーの秘訣」であり、多くの作家の回答がぎっしりつまっている。
 特に「ステレオタイプを避けよ」の章は面白かった。例えばリチャード・マーチン・スターンは次のように述べている。「鉄拳をふるい、種馬のようで、酒が強く、狙撃がうまく、何でも知っていて、どんなことでもやる主人公。もうたくさんだと言いたい。」
 その他、23項目を選んで個々のミステリー作家に執筆を依頼している。例えば、ジョン・D・マクドナルドは「人物に厚みを持たせる方法」を、フィリス・A・ホイットニーは「ゴシック小説とは何か?」を書いている。
 技術的な面もいろいろ面白いが、ミステリー作家の仕事好きも良く分かる。精力的に書き、さらに徹底的に何回も書きなおしている人ばかりだ。それもこれも、ミステリー作家が口で説明できないほど自分の仕事にほれ込んでいるからだろう。
 

励まし

 どんなことをすれば小説のアイデアが練れるか、リアリティの出し方などためになる事が多いと思いと思います。
それに私はなによりいいと思ったのが、有名作家たちの生の声を聞く事ができることがうれしかったです。この作品の中にでてくる全ての作家は知らないが、ジョン・D・マクドナルドの文章が出てきたときは最高にうれしかったです。
いずれにせよ、かなり売れているであろう作家たちが自分の経験をもとに書いているのだから、ある程度は参考になるものがあるのではないでしょうか?

お奨めですが、少し読みづらいかもしれません

コストパフォーマンスの良さは賛成。
ミステリーを書こうとしている方のための、技術的な内容を網羅している。
ただし、翻訳なので、文章の意味が読み取りづらいところがあります。欲を言えば、翻訳ではなく書き直すつもりで出してほしかった。
他、アメリカと日本の違いを考慮に入れる必要が多少有りますが、読者の責任で考えれる範囲だと思います。



自費出版 (じひしゅっぱん) とは、書籍をはじめとする何らかのメディアで、 著者が自分で費用を出して出版することである。

商業出版のように流通ルートや販売部数を確保するのが困難であるが、 個人が自由にコンテンツを出版することができる。
インターネットを通じて売買されることも多くなっている。趣味で作った絵本や自分史などに利用されることがある。
オンデマンド出版という言い方もされる。
このページのトップに戻る
『自費出版を成功させる方法.com』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 自費出版を成功させる方法.com All rights reserved.