自費出版を成功させるための情報を提供するサイト
>お気に入りに追加
このページの情報は
2006年11月13日3時2分
時点のものです。

出版で夢を叶えませんか!? あなたの知識や経験を本にしてみませんか!?
出版することであなたが今おかれている立場はまったく変わってきます。本の少し努力すれば誰でも出版できます。
プロ作家養成塾―小説の書き方すべて教えます

プロ作家養成塾―小説の書き方すべて教えます
価格:¥ 714
納期:通常24時間以内に発送

人気ランキング : 54116位
定価 : ¥ 714
販売元 : ベストセラーズ
発売日 : 2002-03

バカ作家

なぜ一文ごとに改行しなければ、自称長編作家という筆者に教えられなければならないのか。
いかにも売れなさそうなマイナーな名前。そんな本を出すくらいなら、直木くらいとって欲しい。

それほどよくはない

それほどよいとは思えません。
私の場合、参考になったのは、鍵括弧をとじる最後に「。」をつけない、
などのルールぐらいなものです。
それに著者の文章の、やたらと比喩表現が多いのには頭にきます。
まるで自分の文才を自慢しているかのようで、不快感を覚える。
私には著者の多用する比喩表現がそれほどうまいものとは思えません。
「これは…のようなものです」と言われても、
「いや、それは違うだろ!」とつっこみたいくらい、
本質をつかんでない、不適切な比喩表現もあります。
また、著者の名は初めて知った。私にとって無名の作家に小説の書き方など
教わっても、説得力がありません。
著者がアマチュアの下手な文を書き直した文章も、「著者の方が下手だ」と
思える部分もありました。

この本は「小説を書ける気にさせる」だけのものだと思います。

要点が旨く述べられている

全体的にはエンターテインメント性の強い作家志望者向けの手引き書として捉えられる。その部分に関する指摘や要点が旨く纏められていて、これから目指す作家志望の人には重要なマニュアル本といえるだろう。
個人的には「1時限」に述べられている内容をもっと掘り下げて具体的に説明して欲しかった。小説を書くに当たり必要な基礎知識を習得する為に。

小説を書きたいという人は数多くいる。なのにこういった手引き書はあまり見かけない。プロ作家が出し惜しみしているのかどうかはよく分からないが、これからの小説界に於いて良い作品を発掘する為にもこの手の書は重要と思った。

実用的。

実用的な本です。小説に関しては、最近までハウツー本を読まずに我流で書いていたのですが、大きな間違いでした。句読点の打ち方に始まって、小説特有の表現フォームとは一体どんなものか?実例を挙げながら、説明がされています。著者の若桜木氏は、「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」などのノヴェライズ物を手掛けて来られた方です。名前に聞き覚えのある方は少ないでしょう。「作家」というよりは、プロのライターといった方が良いかも知れません。なまじ文学者ぶらない分、本書の内容は実践的なものとなりました。小説家志望の人間には良い教科書と言えるでしょう。

参考になるけど・・・

この本に書かれたことは、プロになるために最低限知っておかなければならないことであり、言っていることはきっと正しいのでしょう。しかし何かが根本的に間違っている気がします。まあ、プロ作家でもなんでもない人間がとやかく言う資格はありませんが。
細かいところをあげるなら、悪い例を書き直した作者の例文を見ても、その文には何の魅力も感じませんでした。あと、作者はジュニア小説(この言い方も古い気が)も数多く手がけたと言っていますが、最近のライトノベルのことを全然わかっていないように思えました。視点移動とキャラ萌えは全く別の問題では?
疲れた大人の読者に向けた小説、なんて言って低レベルな作品を量産しているから小説が衰退したのではないかと思いますけどね。
作者が理想とする、内田康夫や西村京太郎のような作家になるための本なのでは?



自費出版 (じひしゅっぱん) とは、書籍をはじめとする何らかのメディアで、 著者が自分で費用を出して出版することである。

商業出版のように流通ルートや販売部数を確保するのが困難であるが、 個人が自由にコンテンツを出版することができる。
インターネットを通じて売買されることも多くなっている。趣味で作った絵本や自分史などに利用されることがある。
オンデマンド出版という言い方もされる。
このページのトップに戻る
『自費出版を成功させる方法.com』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 自費出版を成功させる方法.com All rights reserved.