自費出版を成功させるための情報を提供するサイト
>お気に入りに追加
このページの情報は
2006年11月13日3時2分
時点のものです。

出版で夢を叶えませんか!? あなたの知識や経験を本にしてみませんか!?
出版することであなたが今おかれている立場はまったく変わってきます。本の少し努力すれば誰でも出版できます。
齋藤孝とつくる本 いますぐ書けちゃう作文力―子どもたちと、むかし子どもだった大人たち、必読!

齋藤孝とつくる本 いますぐ書けちゃう作文力―子どもたちと、むかし子どもだった大人たち、必読!
価格:¥ 1,470
納期:通常24時間以内に発送

人気ランキング : 14821位
定価 : ¥ 1,470
販売元 : どりむ社
発売日 : 2006-04

本自体が作文力の見本になっています

「何かを伝えたいために、好きなものについて書く」事から始まっているが、これは筆者自身にも当てはまることだろう。今時の子は何が好きかわからない、人と横並びだったり、人と違う意見を言うのが怖かったり、人のまねをするのが楽だったりするから、自分の好きなものや好きなことをあえて見つけようとはしない。
 斎藤孝ははっきり言い切る。自分が好きなものに出会う事。
 書く力=出会う力+考える力
 生きる力=作文力
     =お互いに理解しあうための技術
 楽しむためには技が必要。
 それは要約力と文脈力=つながりを考える力。

 要は、自己と他者との関係性を重視できなければ、文章は書けないという事だ。何と見事に公式化してわかり易く言い切るのだろう。筆者は今までもあらゆる所で技・技術という事にこだわってきた。量質転化―という概念は、飽きっぽく続ける努力が苦手て、時間を無駄に費やす事が多い人間には、耳が痛い事かもしれない。それでも、文を書き続けているうちに、自分を表現出来る事「自由」を手に入れよ!というメッセージを、IT時代の子供たちがどこまで真剣に受け入れてくれるかが、指導者側の力量に掛かってくるのだろう。
 目立った所は起承転結ではなく、転承起結で書こうという下り。星一つ減じたのは、今の子供を対象に漫画を例に出して説明したのだろうが、「NAMA」と「ワンピース」を題材にしていたのには、ちょっと引いたから。

とても実践的で面白そう。

作文や文章が苦手でも、この本を読んだらきっと楽しく書けるように
なるんじゃないかな、と思わせられる、「楽しく書けるようになるための」
具体的な方法が、大人が読んでもわかりやすく楽しく、実践的に書かれています。

子供の作文に限らず、大人でもちょっと文章を書いてみたいな、という人、
または何かの商品の感想やレビューなどを書きたいけど、どうしたら
もうちょっとうまく書けるかな、という風に思っている人にとっても、
とても参考になる部分がたくさんあるのではないかと思いました。

感想文や文章を、より「読む人に伝わりやすくる」ための書き方や、
人に「おもしろく」読んでもらうための文章の「盛り上げ方」など、

「どのようにしたら自分の想いが人に伝わるのか」
(自分の思いを他人に伝えるための文章が書けるのか)

という、もっとも根本的なところの「気持ちのあり方」を中心に、
文章というのは、「他人に伝えるために」書くものなんだ、ということを教えてもらえました。

余談ですが、この本にある「ひとに伝えるための方法」というのは、
作文や感想文に限らず、物語の創作や「お話」を作りたいという人にも
参考になる部分が色々あるので、オススメしたいと思いました。

(ちなみに「どんどん書き込んで、自分だけの本にしてください!」と
本の中にはありましたが、1400円とちょっと高めの値段なので、
私は直接書き込まずに大事な部分を書き写しました・・・)



自費出版 (じひしゅっぱん) とは、書籍をはじめとする何らかのメディアで、 著者が自分で費用を出して出版することである。

商業出版のように流通ルートや販売部数を確保するのが困難であるが、 個人が自由にコンテンツを出版することができる。
インターネットを通じて売買されることも多くなっている。趣味で作った絵本や自分史などに利用されることがある。
オンデマンド出版という言い方もされる。
このページのトップに戻る
『自費出版を成功させる方法.com』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 自費出版を成功させる方法.com All rights reserved.