自費出版を成功させるための情報を提供するサイト
>お気に入りに追加
このページの情報は
2006年11月13日3時2分
時点のものです。

出版で夢を叶えませんか!? あなたの知識や経験を本にしてみませんか!?
出版することであなたが今おかれている立場はまったく変わってきます。本の少し努力すれば誰でも出版できます。
論文の書き方マニュアル―ステップ式リサーチ戦略のすすめ

論文の書き方マニュアル―ステップ式リサーチ戦略のすすめ
価格:¥ 1,680
納期:通常24時間以内に発送

人気ランキング : 28815位
定価 : ¥ 1,680
販売元 : 有斐閣
発売日 : 1997-12

カード方式の論文作成、懐かしい!

読んだ本(なんでも良いのだが参考文献になりえそうなもの)の中で気になった箇所や参考になりそうな箇所を、一箇所1枚、(書名、ページ数、気になった文章の要約)を書いておく。なかば機械的なこの作業を繰り返して、カードが100枚位になったら、なんとなく論文のストーリーが出来てきて、自分のロジックを組み立てるのに欠けている部分が見えてくる‥と、随分むかしに当時師事した先生にならった事がある。この欠けている部分こそが、ノイエンスかも知れないので、こここそがリサーチすべきトコロなのだ‥とも。

現代はコンピューターが普及したお陰で、多くの情報をパソコンに入れて持ち運べるが、パソコンの欠点は、ランダムに色々な情報を同時に「ザックリ」と眺めることが難しいことだろう。上記のカードを、事ある毎にパラパラと眺めて、ボンヤリと色々なことを考えているうちに、次第に論文の輪郭や研究すべきことが見えてくる‥そういう論文作成のやりかたも、なかなか良いものであると思う。

冬のオープンカフェで、カードボックスからカードを取り出しては眺めて考える。素晴らしい知的体験だと思う。

‥のような事の具体的方法が書いてある(詳細はかなり違うけど)ので、社会科学系の論文作成予定者には優れた良書。基本的には自然科学系には向かない方法だと思うけど。

カードを使って論文を組み立てる

タイトル通り、リサーチを中心に論文の書き方を指導した本。
山とある論文の書き方本ではよいほう。
論文を書くのに、ひらめきや才能はいらない、という記述に惹かれ購入した。
この本の特徴は、論文の準備の仕方を重点的に、独自の方法で扱っている点だ。
「とりあえずアメリカ近代史に興味がある」というぐらいのところから、
トピックを切り出し、文献を読んで、テーマを絞り、論文構成を考え、
文献ノートを取り・・・と進んでゆく作業プロセスをシステマティックに
解説している。
その際、昔ながらの情報カードをフル活用して、トピックを切り出すとき
にも、構成を考えるときにも、ノートを取るときにも、カードを使って
情報整理&思考をやっていこう、というのが本書だ。
PC時代でも、確かにカードの有用性はある(あれやこれやと入れ替えたり)ので
カード管理さえしっかりできれば、この本のやり方で考えを深めていく
ことができると思う。
この本は、人文科学、社会科学でも特に明確な問題がたてやすい分野の
テーマを扱う人におすすめ。
実際の執筆までに念入りな準備がなされるようにするマニュアルなので、
執筆に関するの記述が少なめなのがやや残念。
とはいえ、周到に準備すれば8割方成功かもしれないが。

「論文」を書きたい人のために

「論文」を書く、といっても最初からうまい論文を書ける人は少ないだろう。論文の書き方に関する書籍は山ほどあって、どれがいいのかわからないことがほとんどだが、これに関しては間違いなく最高ランクのマニュアルといえる。テーマ設定、情報収集、構成、レイアウト等々に関して、本書のステップを踏んでいけば確実にいい論文が書ける。書き方だけでなく、社会科学的思考を身につけたい人にとっても有益である。

システマティック

非常にシステマティックに構成されていて分かりやすい。
論文自体がロジカルに展開するべきものであるので、この本のやり方は多くの場合強力な武器となると考えられる。
もちろん、このマニュアルを読んだから論文ができるわけではなく、日々の絶え間ない努力を如何に効率的に結果に結びつけるかを論じている。
 学校の論文のみならず、社会人が論文に悩んでるケースでも大いに力を発揮する方法だと思われる。
 また、普段からこの方法で読書をしたり情報収集することにより、アイデアの整理、そして新しいアイデアの創造へ結びつくかもしれない。

論文を書くならこの一冊

卒論などで初めて論文を書く人にお薦めの一冊。情報の集め方から読書の仕方、そして執筆に至るまでを、一つ一つ丁寧に解説してある。本書は、著者(花井等氏)がアメリカ留学時代に身につけた、「論文の書き方」を発展させたものだ。したがって、ファーストフード店のマニュアルよろしく、誰もが一定の水準に達することを目指している。この本の技術をマスターしてあなたもA論文を目指そう!



自費出版 (じひしゅっぱん) とは、書籍をはじめとする何らかのメディアで、 著者が自分で費用を出して出版することである。

商業出版のように流通ルートや販売部数を確保するのが困難であるが、 個人が自由にコンテンツを出版することができる。
インターネットを通じて売買されることも多くなっている。趣味で作った絵本や自分史などに利用されることがある。
オンデマンド出版という言い方もされる。
このページのトップに戻る
『自費出版を成功させる方法.com』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 自費出版を成功させる方法.com All rights reserved.