自費出版を成功させるための情報を提供するサイト
>お気に入りに追加
このページの情報は
2006年11月13日3時2分
時点のものです。

出版で夢を叶えませんか!? あなたの知識や経験を本にしてみませんか!?
出版することであなたが今おかれている立場はまったく変わってきます。本の少し努力すれば誰でも出版できます。
大学入試最難関大への英作文―書き方のストラテジー

大学入試最難関大への英作文―書き方のストラテジー
価格:¥ 1,260
納期:通常24時間以内に発送

人気ランキング : 38054位
定価 : ¥ 1,260
販売元 : 桐原書店
発売日 : 2004-12

噂どおり読み応えがある。良書だ。


 正解が限定されない現代国語や英作文の参考書には、アソコがおか
しいだの、思慮が足らんだの、有形無形の中傷がゴマンと来るんでし
ょうね。 執筆者は多分、うんざりされているのでは?

 ところで、第2章・過去問 14 のイタリア(料理)に於けるトマト
の話なんですがね。..... ,not (came) from Italy. って、なんか
変じゃないですか?イタリア以外の国でのトマトの由来を語るんでし
たらこれでいいのでしょうが。

 
 受験英作の問題解法コンセプトをこれほど平易に読ませる解説書は
見たことがない。ただ、英語表現への手の内を著者のようにたくさん
持ち合わせていない我々一般読者にとっては、他山の石を眺める気分に
ならないでもない。
 もう一言。
英語への転換を推敲する過程において、日本語の表現の多様性について
改めて再発見ができたことは、望外のおみやげであった。

 小生同様、続編を切望する方もきっと多かろう。一冊まるまる京大過去
問200題、くらいのヘビーなやつをお願いします。

 

競合商品が少ないので長文の和文英訳出題校対策に

『実況中継』では扱っていない、京都大、大阪大など関西の和文英訳を出題する大学志望者は参考になるだろう。
ただ、自由英作文対策の方は今ひとつ。
一橋大の出題が曖昧だ、という指摘はもっともである。が、早稲田(法、国際教養)、慶応(経済)のように解答に当たって、自分の依って立つ選択肢があるものに対して、その全てに対してきちんと解答例が示されていないのは致命的。英文の難易度よりも、ディスコースの整合性の方が大きな意味を持つ自由英作文なのだから、もっとページ数を増やしてでも、もう少しきちんとした解答例を示すべき。あとは、2005年度入試からは消えてしまった、関西学院大・総合政策の300語程度での解答を要求する出題例も示しておいて欲しかった。形式はTOEFL(R)に準じているものの、制限時間を考えると、TOEFL(R)のレベルでは対応しきれないと思うからである。

最近の英作文参考書の中で、ずば抜けて秀逸です!

 あたりまえの、英作文用の受験参考書の一冊として、見過ごされるとしたら、余りにも、もったいない、ずば抜けた内容をもった英作文参考書の逸品です。
 
 和文の内容を達意の英語で表現出来るかどうかは、実際に役立つ本物の英語力の観点からも、ますます重要視され、難関校と言われる、それぞれのアカデミズムに誇りを持っている大学が、英作文能力を問うているのは、至極、当然のことと思います。
 受験生の方は、この本の第一章だけでもいいですから、お勉強してみてください。この本の解説が、いかに優れていて、その上、ひじょうにわかりやすいか、実感し、納得される筈です。課題の和文を、どのように、わかりやすい英語に言い換えるか、その、コツみたいなものが、驚くほど身についてくる筈です。書かれている英文は、いずれも分かりやすく、お勉強している高校生にも、じゅうぶん書ける英語になっています。しかも、英米人が見ても立派な英語なのです。筆者の余裕ある実力を感じます。なにも、関係代名詞をやたらに使い、難しい単語を使って書いた英文が高級な英文だ、なんてことはないのですから、安心してくださいね。
 とにかく、素晴らしい本です。一般の方にも、ぜひ、お薦めしたい内容の本です!さすが、良心的な本を出されている桐原書店だけのことはあります。
 著者の大矢 復さん、英文校閲の Steve Sheldonさん、この本によって、すぐれた学生たちが育っていく姿を想像するだけでも楽しいですね!
 文句なしの、☆☆☆☆☆、最高です!!

時代の流れか・・・

個人的に「かなりいい」と思った本。
だが、世間の評価はあまり芳しくないようだ。
「入試レベルより難しすぎる」らしいが、
昔の受験生は入試レベルなど端から眼中にないのが当たり前だった。
「学力低下」よりも「意欲低下」「意識低下」のほうが問題だと感じた。

レベルが高すぎ

 おそらくこの本にかかれている模範答案のような英語を書けるようになる受験生は皆無でしょう。
合格基準を遙かに超えているばかりでなく、大学側が用意した模範答案も超えていると思われます。
実際赤本や代ゼミ・河合塾等で作成した模範答案よりも1歩も2歩も踏み込んだ分析、
ともすると読み込みすぎと思われるような分析がなされています。英訳と言うよりは翻訳に近いです。
英語好きな人は興味をそそられるでしょうし、翻訳家の卵には最適でしょうが、
受験生が手を出すとひどい目に遭います。たとえ最難関大学といえどもここまでは要求していません。
受験生はもっとほかに勉強することがあります。同じ著者の『大矢英作文講義の実況中継』で十分です。



自費出版 (じひしゅっぱん) とは、書籍をはじめとする何らかのメディアで、 著者が自分で費用を出して出版することである。

商業出版のように流通ルートや販売部数を確保するのが困難であるが、 個人が自由にコンテンツを出版することができる。
インターネットを通じて売買されることも多くなっている。趣味で作った絵本や自分史などに利用されることがある。
オンデマンド出版という言い方もされる。
このページのトップに戻る
『自費出版を成功させる方法.com』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 自費出版を成功させる方法.com All rights reserved.